おうちギャラリーを作りませんか

 | 

大きな紙にお絵描きする兄弟

 

親も子も忙しい毎日の中で、家族といえども触れ合う時間はどんどん少なくなりますよね。

意識して作らなければ、1週間ほとんどまともな会話がなかった!という事にもなりかねない時代です。

 

家庭内のコミュニケーション度を高めるのは、何よりも家族同士の思いと努力によるもので、

住まいが良ければコミュニケーションもうまくいくというものではありません。

 

しかし、住まいがそのお手伝いをすることはできます!

積極的にコミュニケーションを図るためにはどんな事が出来るでしょうか。

 

クレヨンで絵を描く子供

 

玄関から続く少し長めの廊下があれば、その壁を展示空間として考え、額に入れた子供の絵を5~6点飾ってみましょう。

立派なギャラリーになりますよ。

子供と一緒に絵を選び、額に入れるところからやってみてください!

 

一緒に何かを作っていくという事は楽しいものですし、共通の話題が格段に増える上に、完成した時には、充実した気分を味わえるというおまけもつきます。

そのために使えるちょっとした場所が住まいの中にあらかじめ用意してあると。億劫にならず行動を起こしやすいものです。

お互いのしていることに関心を持ち、それについて言葉を交わすというコミュニケーションのきっかけを作る1つの工夫です。

 

食事中の親子

 

 

人と座って会話をする時、体面に座ってまっすぐ向かい合うよりも、

斜めに向かい合う格好で座った方が緊張感が弱まり、より親密で友好的な雰囲気がうまれます。

家族の間の会話が無理なく自然に増えていくように、まずは何か楽しいことを考え実行してみる。

そして、そのために部屋をどう使いたいかを考え、少しずつでも使いやすいように工夫する。

そんな日常の積み重ねによっても、住まいは住む人が過ごしやすい快適な我が家になっていきます。