住まいづくりの適齢期?

 | 

 

 

住まいづくりを始めるのにふさわしい時期はいつでしょうか?

ご婚約中の方々は、結婚準備のひとつとして、新居を建てるということを考えている方も多いですね。

まずは住まいを建て、家財道具を揃え、そのうえで新しい生活をスタートさせようという、上昇気流に乗った自然な考えともいえるのでしょう。

 

まだ一緒に生活したことのない2人が、どんな住まいをつくるのかということを話し合い始めると、

「えっ、そうなの?知らなかった」「よくわからない」などの言葉が飛び交い、なかなか話は進んでいきません。

現時点での新しい生活イメージも共有できない状況は、10年後、20年後の生活をイメージすることはさらに難しいことです。

 

子供が一緒の生活になった時に初めて実感できることはたくさんありますし、若い時は親が老いるということを現実として受け止められず、イメージしづらいこととなっているようです。

 

住まいづくりの計画を始めるタイミングとして、ご婚約中では早すぎるということは決してありません。

婚約中だからこそ考えられる夢や、ユニークなアイディアもありますから、考えたことはストックとして大切に保管して頂きたいと思います。

まずは仮住まいからスタートし、生活しづらさを感じることがあったら、その原因が何であるのかを一つひとつ見極めてみてください。

 

自分たちにふさわしい住まいのイメージが実感できた時が、「住まいづくりの適齢期」と言えるのかもしれません。